関ケ原町社会福祉協議会

「互いに助け合い安心して暮らせる福祉のまちづくり」をめざして・・・

お問い合わせ・ご相談は

0584-43-2943
0584-43-2180

小規模授産施設「さくらんぼの家」

◆小規模授産施設とは

身体障がい者や精神障がい者、ならびに家庭の事情で就業や技能取得が困難な人物に対して、就労の場や技能取得を手助けする施設です。


 

◆「さくらんぼの家」名前の由来

「さくらんぼの家」って、かわいい名前でしょ?

もともと関ケ原町には、障がい児(者)をもつ親の会「さくらんぼの会」があり、小規模授産所はその方たちの働きかけで平成6年4月にスタートしました。親と子が寄りそっていける会を作りたい…という思いのもと、「さくらんぼ」は2つの実が1つになっていることから、命名されたのでした。


 

◆主な活動内容


○資源回収
(単位老人クラブが月に1回、順番にご協力いただいています。)

○紙袋のひも(取っ手部分)つけなど

○農園作り、切り干し大根作り

その他、音楽や社会学習などの時間もあり、毎日いきいきと活動しています。


 

◆場所


不破郡関ケ原町大字関ヶ原1167-1

TEL・FAX  (0584)43-1525

作業風景m デイキャンプにてm
 

集団での作業やさまざまな行事の中で自立に向けて、

たくさんの人との出会いを大切に活動しています。